「中部圏イノベーション促進プログラム」
第11回講演会
(2019.11.18 一般社団法人中部圏イノベーション推進機構 主催)

開催終了

未来洞察と経営~未来洞察の⾧期経営ビジョンの応用~

日時 2019年11月18日(月)
18時30分~20時00分予定
会場 ナゴヤ イノベーターズ ガレージ
名古屋市中区栄3-18-1 ナディアパーク4F
※駐車場はございません
講師
  • 株式会社日本総合研究所
    リサーチ・コンサルティング部門未来デザインラボ
    ディレクター兼プリンシパル 時吉 康範 氏
お申込み締め切り 定員になり次第、受付終了とさせて頂きます。
定員 120名
参加費 無料
主催 一般社団法人中部圏イノベーション推進機構

Lecture
講師のご紹介

VUCA(※)時代に突入し、10年前には想像しえなかったような顧客や競合企業の変化が起こりつつある。このためこれまでの事業・経営環境を所与のものとして更新を図る中期経営計画や未来の事業・経営環境が現在の延長線上にある考えに基づいた⾧期経営ビジョンでは、非連続な変化にプロアクティブに対応できない。今回、実効的な⾧期経営ビジョンを策定するために未来洞察をどのように応用するか、『2030経営ビジョンのつくりかた』(時吉他2019、日本経済新聞出版社)からエッセンスを引用し、最新の活用事例を交えてお話しする。

※Volatility(変動性), Uncertainty(不確実性), Complexity(複雑性), Ambiguity(曖昧性)

お申込は、こちらから