第10回中部社研ITフォーラム
(2020.01.22 共催)

ご案内

「データ駆動型人工知能のものづくりへの活用」

日時 2020年1月22日(水)15:30~17:30
会場 愛知県立大学 サテライトキャンパス
愛知県産業労働センター 「ウインクあいち」15階
(名古屋市中村区名駅4-4-38)
講師
  • 名古屋工業大学情報工学専攻 教授 竹内 一郎 氏
  • 愛知県立大学情報科学部 教授 小栗 宏次 氏〔ファシリテーター(司会)〕
お申込み締め切り 2020年 1 月 16 日( 木 )
参加費 無料
主催 公益財団法人中部圏社会経済研究所
共催 愛知県立大学情報科学共同研究所
中部圏イノベーション促進プログラム(一般社団法人中部経済連合会 )

現在の人工知能の発展はデータ科学に基づいており、データ駆動型人工知能と呼ばれています。ものづくり分野でデータ駆動型人工知能を活用する場合、能動学習と呼ばれるアプローチが有効です。能動学習はデータの取得プロセスも含めたデータ科学の枠組であり、実験計画法の一種と捉えることができます。
本講演では、データ駆動型人工知能について概観したのち、ものづくりのための能動学習を解説し、関連する応用例を紹介します。

詳細・お申込は、公益財団法人中部圏社会経済研究所のホームページから

【お問合せ先】
公益財団法人中部圏社会経済研究所
中部社研ITフォーラム事務局
TEL:052-212-8790 FAX:052-212-8782
E-mail:criser@criser.jp