先端教育機構セミナー
(2020.03.19 後援)

開催終了

「今なぜ、実務家教員が求められるのか」

日時 2020年3月19日(木) 
19:00~20:00
会場 名古屋 事業構想大学院大学
愛知県名古屋市中村区名駅1-1-3
JRゲートタワー27階
講師
  • 荒木 啓史 氏
    社会情報大学院・先端教育研究所 准教授
定員 20名
参加費 無料(事前予約制)
主催 事業構想大学院大学

Lecture
講師のご紹介

「Society 5.0」、「人生100年時代」といった言葉で表される現代社会において、新たな価値を社会に生み出すエージェントとして注目を浴びる存在、それが実務家教員です。なぜなら、様々な実務の現場で得られる知見を体系化し、様々な場で後世へ伝え、さらなる知を生み出していけるのは、実務家教員にほかならないからです。実際、国の強力な後押しもあり、実務家教員として大学や企業などで活躍している人は、増加の一途をたどっています。 

本セミナーでは、そもそも実務家教員とは何か、どのような社会的背景のもとで実務家教員に対するニーズが高まっているのか、そして実務家教員として活躍するためにはどのような知識・スキルが必要なのか、といったことをお伝えします。 

「自分は実務家教員に縁遠い」と思われる方がおられるかも知れません。しかし、そう思われる人こそ、このセミナーを聞いてほしいと考えています。自分自身の「気に止めない実務経験」や「現場の知識」こそが重要なのです。様々な経験・知見をお持ちの方々とお会いできるのを楽しみにしております。

参加申込みはこちらから

【お問合せ先】
名古屋 事業構想大学院大学
℡:052-541-8411
e-mail:nagoya@mpd.ac.jp